メタルプリントの製造工程大公開!

こんにちは!
先週イトコの息子に会いに行って癒されました👶
パイオテックのアリハラです。


今回は『メタルプリントの製造工程』を大公開しちゃいます!
動画も載せますので、そちらも合わせてご覧いただくと分かりやすいと思います♪

改めて、メタルプリントって?

改めてメタルプリントとは、 特殊素材のメタル(アルミプレート)である「ChromaLuxe」に、昇華転写という手法でプリントしたものです。
※昇華転写・・・専用の昇華プリンターで出力した転写紙を熱によって気化させ、素材にインクを浸透させる手法
参照:【このページを読めば分かる!】メタルプリントとは?


メタルプリントを製作するのに必要なものは、 「昇華用プリンター」「昇華用転写紙」「プレス機」です。
早速製造工程を見ていきましょう!

製造工程

[ 工程1 ] 出力

昇華用プリンターで、昇華用転写紙を出力します。

[ 工程2 ] カット

少し余白を残して、転写紙をカットします。

こんなに薄い色なの!?と思われるかもしれませんが、仕上がりはそんなことありません!
PC等のモニターで見ている色味とプリント後の色味が同じになるようにプロファイルを調整していますので、最終的にはもっと色味がハッキリします。

[ 工程3 ] 貼り合わせ

メタル(アルミプレート)を、転写紙の上に重ねます。
※メタルの表面についているホコリ等をしっかり払ってから重ねます。

このように転写紙とメタルを重ねるので、メタルサイズぴったりのデータではなく、少し大きめのデータ(塗り足しのあるデータ)が必要になってきます。

[ 工程4 ] 貼り合わせ2

メタルと転写紙を耐熱テープでくっつけます。
※普通のテープではなく、熱に耐えられる耐熱テープを使用します。

[ 工程5 ] プレス機へセット

プレス機の上に、転写紙をテープでくっつけた状態のメタルを置きます。

[ 工程6 ] プレス

プレス機で熱をかけて、インクをメタルに浸透させます。

[ 工程7 ] プレス完了

プレスが完了したら、メタルから転写紙と耐熱テープを剥がします。
かなり熱いので、ミトンが必須です。

[ 工程8 ] 完成

★★完成★★

転写紙の時の色とは全然違う綺麗な発色になっていますね!

ちなみにこのお花のメタルプリントは、実は社員が撮影したものです★
以前、社員全員でメタルプリントの製作体験会をしたことがあり、その時のものです。

製作体験会の様子はまた書かせていただきます!
みんな個性がバラバラで、良い作品がたくさんできました。

製造工程 動画

画像だけでは伝わりにくい部分もあると思いますので、宜しければ動画もご覧ください!
ものすごく簡易的な動画ですが、、イメージはつきやすいかと思います。
(もっとクオリティの高い動画ができたらまたアップします💪)
➡アップしました!
参照:製作工程動画と お知らせ

[ 製造工程 小さいパネルver. ]

[ 製造工程 大きいパネルver. ]

[作品]  変わる廃墟展2019 株式会社BACON / TODAYS GALLERY STUDIO様の企画催事


製造工程、お分かりいただけましたでしょうか??

少しでも転写紙がずれたり、ホコリが入ったりしてもプリントミスに繋がるので、日々加工担当が慎重に作業しております。

また加工担当にも話を聞こうかなと思っています!
ちなみに梱包は別の者が担当しているので、そちらにも話を聞きたいと考えています。
(本人たちに何も言っていないので突撃インタビューです。笑)


最後まで読んで頂き、ありがとうございました😊


■メタルプリントとは? 
“アルミのパネル”に、お好きな写真やイラストをプリントできる、『新感覚の写真』です。

[特徴]
思い出長持ち ⇒ 屋内使用で半永久的に色褪せない!
高い耐久性 ⇒ 水拭き、乾拭きだけではなく、ガラスクリーナーでのお手入れも簡単!
高発色・高光沢 ⇒ 映像の静止画のような発色と、類のない深みのある光沢感!
軽くて丈夫 ⇒ 20×25cmのパネルは、iphone8と同重量です。(約150g)

額縁がなくスタイリッシュに、おしゃれに飾れるのも大きなポイントです。

写真プリントは、紙だけではありません。
メタルプリントで思い出を綺麗に永く飾りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました