メタルプリント 飾ってみました

こんにちは!
パイオテックのアリハラです。


私の部屋にメタルプリントを飾ったので、飾り方のご紹介です👏


以前記事にした社内イベントでメタルプリントを作ったものの、どこに飾ろうか悩んでずっと棚の上にそのまま置いていました。


普通に置くだけでも良いのですが、やっぱり壁にかけたいなあと思い、ようやく壁に飾りました!
使ったアイテムもご紹介します。


まず私のメタルプリントはこちらです!

前々から観葉植物を置きたいと思っていたのですが、場所を取るのとアレルギー体質なので、代わりにパネルで植物を飾ることにしました。
右下には、自分の好きなアーティストの曲名をこっそり入れています🌼


パネルサイズが16×24インチ(406.4×609.6mm)、バックフレーム25mmをつけて約1.2kg程あるので、それに耐えられるフックを探しました。


そこで見つけたのがこちら!

ダイソーさんの壁掛けフックです!!
(写真撮影前に勢いよく開けてしまいました・・・)


耐荷重量5kg、更にピンがクロスするタイプなので強そうだと思ってこちらにしました。

パーツは、フック本体とピンが3本入っていました。
(写真は1セット分ですが、計2セット入っています。)


フックの上の方には、ピンを刺し込むための穴が開いています。

ピンをフックに刺し込みます。指だと痛いのでコインを使うとやりやすかったです。

3本とも刺し込めたら、カバーを被せます。

フックを2つセットし、メタルプリントをかけて、、

完成~!!

部屋がメタルプリントのおかげで一気に華やかになりました✨
1Kの狭い部屋ですが、額がないのでスッキリ飾れました。


ここは部屋に入ってぱっと目につくところなので、メタルプリントを見て「何これ!?」と聞かれることも多いです😆


メタルプリントを飾ったことをきっかけに、壁に飾ることにハマってしまいそうです・・・
写真を壁に飾る方法はたくさんありますが、メタルプリントはすっきり飾れておすすめです!


これは16×24インチと大きいサイズですが、もう少し小さいサイズを複数飾るのも良いなあと思いました♪


お好みの飾り方でメタルプリントを楽しんでください!



最後まで読んで頂き、ありがとうございました😊


■メタルプリントとは? 
“アルミのパネル”に、お好きな写真やイラストをプリントできる、『新感覚の写真』です。

[特徴]
思い出長持ち ⇒ 屋内使用で半永久的に色褪せない!
高い耐久性 ⇒ 水拭き、乾拭きだけではなく、ガラスクリーナーでのお手入れも簡単!
高発色・高光沢 ⇒ 映像の静止画のような発色と、類のない深みのある光沢感!
軽くて丈夫 ⇒ 20×25cmのパネルは、iphone8と同重量です。(約150g)

額縁がなくスタイリッシュに、おしゃれに飾れるのも大きなポイントです。

写真プリントは、紙だけではありません。
メタルプリントで思い出を綺麗に永く飾りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました