新オプション「壁掛け用両面テープ」の耐久性を検証してみました!

こんにちは、パイオテックです!
今回は新オプションの「壁掛け用両面テープ」の強度を検証してみましたので、その結果をご紹介します。

ぜひ最後までご覧ください!

そもそも「壁掛け用両面テープ」とは?

まず、「壁掛け用両面テープ」についてご紹介したいと思います。

「壁掛け用両面テープ」は、今年の6月にリリースした新オプションです。
この両面テープは、貼ってはがせるタイプで、壁面への貼り直しが可能です。

真ん中の黒い四角いものが「壁掛け用両面テープ」です。
「壁掛け用両面テープ」で貼ったパネル

頑丈で取扱いも簡単の上、壁が傷つきにくいので、気軽に写真を飾ることができます。

対応サイズは以下の8種類です。

【長方形】
・4×6インチ(101.6×152.4mm)
・5×7インチ(127.0×177.8mm)
・8×10インチ(203.2×254.0mm)
・200×290mm
・11×14インチ(279.4×355.6mm)

【正方形】
・6×6インチ(152.4×152.4mm)
・8×8インチ(203.2×203.2mm)
・10×10インチ(254×254mm)

今回の検証では、一番重量のある11×14インチで検証したいと思うのですが…。

このサイズのサンプルは別のオプションが付いているものしかないので、5×7インチや8×10インチのパネルを組み合わせ、近い重量にして検証してみました。

まず、11×14インチを量ってみると、299gでした。

11×14インチ(プリント前)を量ってみます。
11×14インチの重量は299gでした。

8×10インチは1枚で約150gなので2枚使用しました。量ってみると295gでした。

8×10インチは2枚使用。
写真では分からないですが2枚乗っています。
8×10インチ2枚は295gでした。

5×7インチは1枚が約70gなので4枚+ウッドスタンド小を合わせてみたところ、300gになりました。

5×7インチは4枚使用。
5×7インチ4枚だけでは261gでした。
5×7インチ4枚+スタンドで300gに!

それでは、検証結果を見ていきましょう!

貼っても問題なかった壁

まずは、検証を行なって、問題なかった壁をご紹介いたします。

最初に検証したのが、弊社が展示会で使用している組み立て式の壁面です。

1枚の壁面に見えますが、壁面パネルを何枚も組み合わせて作った壁面です。

プラスチック製で、通常の壁面と比べると凹凸がかなりあり、一般的な両面テープだと落下することが多いです。

上の壁面をアップで撮影したもの。凹凸が目立ちます。

この壁面に今年の6月頃から「壁掛け用両面テープ」でパネルを貼り付けているのですが、一度も落下することはありませんでした。

検証の様子。立てかけている引き出しからはみ出ているので、壁面パネルの角に足をぶつけたこともあったが、それでも落ちなかった。

続いて、同時期に検証を始めたのが、やすりのようにザラザラとしたコンクリートの壁面です。

コンクリートの壁面を探していたところ、先輩が倉庫の奥のそのまた奥のすごい所を探して貼ってくれました。

外壁と同じような材質の壁面でしたが、一度も落下せずしっかりと貼り付いています。

検証の様子。人が全く立ち入らない場所なので壁が汚いです…すみません…。

貼るのはおススメしない壁

続いて、貼るのはおススメできない結果になった壁をご紹介します。

まず、ご紹介するのはすりガラスです。

すりガラスのパーテーション。凹凸が目立ちます。

しっかりと貼り付けたのですが、次の日には床に落ちていました。

万一落ちたときを考え、下の方に貼り付けた。
次の日見るとポトリと落ちていた。

ただ、後日再度チャレンジしたところ、今のところ落ちずにしっかり貼り付いています。

もしかすると1回目の貼り付けが甘かっただけで、実は問題がないのかもしれませんが、ちょっと怖いかな…と思う結果でした。

次は、金属製のドアです。

金属製のドア。重くて開けるのに少し力がいる。

こちらは先程の2件とは異なるパネル(ハードボード製)です。

ハードボード製パネルのサイズは、8×8インチで重さは216gでした。

貼っているパネルと同サイズのものを量りました。
11×14インチの299gと比べると少し軽い。

別部署がこちらの検証前(5月頃)から貼っているもので、こちらも一度も落ちていません。

写真で見ると多少凹凸がありますが、触るとツルツルしています。


ただ…壁から外そうとしても外すことができませんでした。両手を使って思いっきり力を入れてもビクともしません。相性が良すぎるのでしょうか…。

「壁掛け用両面テープ」のメリットである貼り直しができないので、色々なところにパネルを貼りたい方は避けた方がいいかもしれません。

検証のまとめ

以上、検証の結果をご紹介しました!

個人的に、展示会で使用している組み立て式の壁面で一度も落下していないことに驚きました。展示会中、貼り付けたものが本当にしょっちゅう落ちていたので…。

「壁掛け用両面テープ」でメタルプリントを飾りたいとお考えの方には、ぜひ今回の結果を参考にしてみてください。

また、貼り付ける際には以下の点にご注意ください。

凹凸が激しい壁面や湿気を含んだ壁面、汚れている壁面ですと落下のリスクが高くなるので、貼る前には壁面を拭くことをお勧めいたします。

「こんなところにメタルプリントを飾ってみたよ!」というご報告もお待ちしております☺

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

[メタルプリント5つの特徴]
①8K映像のような高画質フォトパネル
14層のコーティング層で、類のない深みのある「光沢感」と奥行きや色味を与えます。
②フレーム無しの圧倒的な迫力
普通の写真のような「ヨレ」や「反り」が出ないので、画像サイズの大きさのまま楽しむことが可能です。
③65年間、色あせない耐久性
屋内使用で半永久的に色褪せがなく、高い耐久性を誇ります。 
④驚きの軽さ!壁掛けもカンタン
約A4サイズのパネルは、スマホと同重量です。(約150g)
⑤水拭きOKでノーストレス
メタルプリントは金属なので水拭きが可能です。

あなたのお気に入りの写真をおしゃれなインテリアにしませんか

コメント

タイトルとURLをコピーしました