メタルプリントに関するQ&A

こんにちは!
パイオテックのアリハラです。


今回はQ&Aの記事です✨
動画をご覧になられたい方はこちらからご覧ください!

【Q&A】メタルプリントのよくある質問をご紹介!

お客様よりメタルプリントに関してよくいただくご質問を、こちらで回答させていただきます!
同時に、参考になる動画や記事があれば載せていきたいと思います。

Q&A

以下6つのカテゴリーに分けて、お答えしていきます。
(1) プリントについて
(2) データについて
(3) パネルについて
(4) オプションについて
(5) 注文について
(6) その他

プリントについて

スマホで撮影した写真でもプリントできますか?

A. スマホで撮影した写真でも、pixel数を満たしていれば、プリントすることが可能です。
例えばiPhoneXの標準カメラ(バックカメラ)で撮影した場合、写真サイズは3,024x4,032pxなので、8x10インチ(2,469x3,071px)までプリント可能です。
pixel数が不足していてもプリントに問題ない可能性がございますので、ご相談ください。
iPhone/Android共に、標準カメラではなくカメラアプリで撮影/加工すると解像度が低くなる場合がございますので、必ずご確認ください。

[参照] 解像度による写真の違いを比較!~データの解像度が分からないとき~
スマホに限らず、お手元のデータがどのサイズまでプリントできるか計算することができます。

アナログ写真をメタルプリントにすることはできますか?

A. アナログ写真をスキャンし、データ化されたものでしたら、プリントすることができます。なおスキャンはお客様にて行って頂きますようお願いいたします。

データについて

入稿するデータの塗り足しは必要なのでしょうか?

塗り足しは必要です。入稿サイズは塗り足し込みのサイズでご案内しておりますので、そちらに従ってデータ作成をお願いいたします。

[参照] メタルプリントの「塗り足し」って?
塗り足しの必要性に関してはこちらの記事をご覧ください。

解像度が低い写真をプリントして頂くことは可能ですか?

推奨解像度は300dpiですが、それを下回る解像度でもプリントすることは可能です。
ただし、仕上がりの画質は荒くなりますので、その点をご了承頂く必要がございます。
ちなみに、弊社では風景は150dpi、ポートレートは200dpiあれば実用に足ると基準付けております。

[参照] 解像度による写真の違いを比較!

【初心者向け】解像度による写真の違いを比較してみた!

プリントしたいデータとパネルの縦横比が合っているか分かりません。

こちらのページに各パネルの縦横比を記載しておりますので、ご確認ください。

データとパネルの縦横比が異なる場合でも、プリントできますか?

写真に余白を付けてプリントすることは可能です。
ただし、プリントは手作業で行っているため、数mm程度のズレが生じますことご了承願います。

縦横比が異なる場合は余白をつけてプリントしてほしいという方は、ご注文の際に配置方法「C.おまかせ(中央)配置/余白」「D.画像を上/左部に寄せ_余白」「E.画像を下/右部に寄せ_余白」のいずれかをお選びください。

[参照] 配置方法の選択 って何?

色調整は行ってもらえますか?

完全データのご入稿をお願いしておりますので、弊社にて色調整は行っておりません。
お客様にて色調整を行って頂きますようお願いいたします。

Adobe RGBでの入稿は可能ですか?

Adobe RGBでの入稿は可能です。
弊社のカラープロファイルは、元データに出来る限り近い色になるようにCMYKに変換するものとなります。
そのため、カラープロファイルを埋め込んで頂ければ、その色味を再現いたします。
今まで、多くの方にご注文頂いておりますが、色味についてご指摘を頂いたことはほとんどありませんので、ご安心ください。

どんな画像でもプリントできますか?

以下に当てはまるものは注文をキャンセルさせて頂きます。
1. 第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産)の侵害。
2. 著作権・肖像権保有者、または著作権・肖像権利用許諾業者への無断使用。
3. 公序良俗に反するもの、猥雑、暴力的な画像。

パネルについて

パネル(写真プレート)の角が丸いのは基本デザインでしょうか?角が丸くない方が喜ばれると思うのですが。

ChromaLuxeが普及している欧米では、角丸が好まれており、角丸が主流となっています。
また、角が四角になると、危ないと懸念されるマイナス面の方が大きいと理解しております。

パネル(写真プレート)を好みのサイズにカットできますか?

パネルカットのカスタマイズは将来的な検討事項とさせて頂きます。

どのようにお手入れすれば良いですか?

布等での水拭き/乾拭き、ティッシュやメガネ拭きでの乾拭き、ガラスクリーナーを用いてのお手入れが可能です。耐水性・耐スクラッチ性・耐摩耗性・耐薬品性があり、簡単にお手入れできます。

[参照] メタルプリントのお手入れ方法

【水拭き/水洗いできる写真】メタルプリントのお手入れ方法

錆びへの耐久性もあるのでしょうか?

1週間塩水につけて放置するという検証を行ったことがありますが、錆びませんでした。検証動画もございますので、よろしければご覧ください。

【大検証】メタルプリント1ヶ月間水に入れてみた

メタルプリントの製作工程を知りたいです。

こちらの記事や動画をご覧ください。

[参照] メタルプリントの製造工程大公開!

【新感覚の写真】メタルプリント 製作工程大公開!
たった2分で分かる!メタルプリントの製作工程!

下の動画は、上の動画を縮めたものです。
じっくり知りたいという方は上の動画、短くていいので知りたいという方は下の動画がおすすめです。

オプションについて

フレームのみ卸してもらうことは可能でしょうか?

原則フレームのみの販売は致しておりませんこと、ご了承願います。

バック(下駄)、サイド(額縁)フレームにサイズ対応していない小型パネルには、別途フレームやスタンドの用意はないのでしょうか?

小型パネルには付属オプションとして、アルミ製イーゼルと背面スペーサー(木製/アルミ)とマウントハンガーをご用意しております。
アルミ製イーゼルはパネルを立たせることができ、背面スペーサーとマウントハンガーはパネルを壁に掛けることができます。
なお、サイド(額縁)フレーム対応のパネルは、フレームに入れることで、スタンドなしで立たせることができます。
各種フレーム、付属オプションの対応サイズの詳細は価格表をご覧ください。

[参照] 【このページを読めば分かる!】メタルプリントとは?~オプション~

バック(下駄)フレームとサイド(額縁)フレーム、それぞれの素材は何でしょうか?また、バック(下駄)フレームはどのように付けているのでしょうか?

どちらも素材はアルミです。バック(下駄)フレームは、業務用の強力な両面テープで接着しております。
動画(05:13~)でフレームの組み立ての様子を映していますので、ご覧ください。

【新感覚の写真】メタルプリント 製作工程大公開!

サイド(額縁)フレームを付けたときに画像はどれぐらい隠れますか?

上下左右5mm程が隠れます。

サイド(額縁)フレームはどのように活用するのでしょうか?

1.フレーム自体が分厚いので、単体で立たせて飾る。
2.裏の金具に、紐やフック、釘等を用いて、壁に掛けて飾る。

1枚のパネルにオプションを複数付けることはできますか?

オプションは1枚のパネルにつき、1つ付けることができます。
どのオプションにするか迷われる方は複数ご注文されて、ご自身でオプションを取り付けられる方もいらっしゃいます。
その際にはオプションを取り付けずに同梱させて頂きますので、ご注文の際に備考欄にその旨を記載して頂きますようお願いいたします。

注文について

価格表を見たのですが、加工賃は別途かかりますか?

別途加工賃はかかりません。パネルの価格は素材代+加工賃の価格となります。

注文はどのような流れで行うのでしょうか?

まずは「注文フロー」をご覧ください。ご注文はweb注文画面よりお願い致します。

注文は1枚からお願いすることはできますか?

1枚からご注文して頂けます。

ロット割引はありますか?

ロット割引はございません。1枚の価格を最多ロット数の単価に設定しているためです。

注文者と違う住所に商品を送ることはできますか?

Web注文画面のお届け先情報に送りたい先の住所を入力してください。

データの入稿はどこから行うのでしょうか?

データの入稿先は注文後に送られる自動返信メールにてご案内しております。
注文の流れについては注文フローをご覧ください。

クレジットカードは使えますか?

現在準備中ですので、しばらくお待ちください。
準備が整うまで、代引き、前振込、掛売り・請求書払い(NP掛け払い)をご利用ください。

前振込みはどのように行えばいいのでしょうか?

ご注文内容とデータを確認後、メールにて請求書をお送りいたします。
ご注文内容やデータに不備がある場合や、データのご入稿がない場合は、そちらが完了してからの送付となります。

支払いをNP掛け払いにしたのですが、1週間以上経っても請求書が届きません。

NP掛け払いは月末締め翌月末払いですので、請求書が送られるのは翌月となります。

パネルを個別包装し、1つの箱にまとめて発送できますか?

パネル自体は個別包装しており、基本的に1つの箱にまとめて発送しています。
また、1つの箱に1枚のパネルを入れる個別梱包も対応しております。1個口のサイズが大きくなるため、送料等の変動がございますが、ご希望であればお申し付けください。

一梱包にパネルは何枚入りますか?

パネルサイズやオプションによって入る枚数は異なりますので、お手数ですがお問い合わせください。
ちなみに小さいパネルでしたら、一梱包に数十枚は入ります。

配送までの日数はどれくらいかかりますか?

ご注文から3~10営業日以内の出荷となります。
お申込みの状況によってはお時間を頂戴することがあります。
状況を確認されたい方は、ご連絡ください。なお、大量受注の場合は別途ご相談させて頂きます。

配達日の指定は出来ますか?

配送日や時間のご指定はお受けしておりません。
発送メールにお問い合わせ伝票番号を記載しておりますので、お客様にて変更をお願いいたします。

注文後に届くはずのメールが届きません。

迷惑メールに振り分けられていることもあるようなので、一度ご確認ください。
見つからない場合は、お手数をおかけしますが、お問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

注文を修正したいのですが、再度注文を行う必要はありますか?

修正内容をお伝えして頂ければ、こちらにて処理いたしますので、再度ご注文して頂く必要はございません。

その他

メタルプリントの実物が見たいのですが、どこかで見ることはできますか?

メタルプリントをご覧になりたい方向けに貸し出しサービスを行っております。
詳細はこちらの記事や動画をご覧ください。

[参照] メタルプリントサンプル貸し出しサービス開始!

【貸出】メタルプリントってどこで見られる?

まとめ

今回はよくお客様からいただくご質問について、ご回答いたしました!


こちらの内容はメタルプリント本サイト「よくある質問」にも掲載しておりますので、そちらからご確認いただくことも可能です。


もしメタルプリントについて他にご質問がございましたら、お気軽にTwitter問い合わせフォームよりお問い合わせください。



最後まで読んで頂き、ありがとうございました😊


■メタルプリントとは? 
“アルミのパネル”に、お好きな写真やイラストをプリントできる、『新感覚の写真』です。

[特徴]
思い出長持ち ⇒ 屋内使用で半永久的に色褪せない!
高い耐久性 ⇒ 水拭き、乾拭きだけではなく、ガラスクリーナーでのお手入れも簡単!
高発色・高光沢 ⇒ 映像の静止画のような発色と、類のない深みのある光沢感!
軽くて丈夫 ⇒ 20×25cmのパネルは、iphone8と同重量です。(約150g)

額縁がなくスタイリッシュに、おしゃれに飾れるのも大きなポイントです。

写真プリントは、紙だけではありません。
メタルプリントで思い出を綺麗に永く飾りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました